エラーコード”42”が表示されたマグザム。

マグザム

エラーコードは表示されているけど普通に走れるとの事。

ただスピードメーターは動かないとの話。

おそらく”42”というエラーコードがスピードメーター関係のエラーだろうと推測できます。

念の為サービスマニュアルで調べてみると予想通り。

マグザムはスピードセンサーからスピードメーターに電気信号で情報を送っているので、

機械的なワイヤーは使っていません。

ワイヤー式の場合はワイヤー切れが一番疑わしいのですが、

電気式の場合だと当然ワイヤー切れはないので、

次に疑わしいスピードセンサーの破損等から調べていきます。

スピードセンサー本体・ハーネスは外観上の問題はないので、

フロントホイールを車体から取り外してスピードセンサー内側を点検します。

すると、

マグザム スピードセンサー破損

マグザム スピードセンサー破損2

センサーのローター部分が破損していました。

予想通りのローターの破損なのですが、破損の仕方はかなり予想外でした。

たいていはローターの左右に出っ張っている突起が破損しているのですが、


今回は写真の通りキレイに二分割されていました。

この破損の仕方は初めて見ました。

マグザム スピードセンサー破損3

左が新品、右が破損したスピードセンサーのローターです。

はっきりした破損原因は分からないのですが、約5万キロ走っているマグザムなので

おそらくは疲労のための破損だと思われます。

新品の部品を組み込み走ってみて確認。

スピードメーターはきちんと表示されエラーコードも表示されなくなりました。

5万キロ近い走行距離になると予測不能なトラブルがでてきますね。