ZZR250の修理の続き。

前回はステップ周りの修理を行いました。

”ZZR250のステップが納期未定”

今回は曲がったハンドルの交換

ハンドルは普通に純正の新品に付け替え。

袋から取り出すと、

ピカピカ。

当たり前ですね、新品ですから。

さっそく曲がったハンドルの取り外し。

まずはマスターシリンダーの取り外し。

ブレーキスイッチのギボシ端子も外します。

次にスイッチボックスですが、ここは緩めておくだけでOK。

そしてハンドルをトップブリッジから外す為に、

キャップボルトのカバーをなるべく傷つけないように先端が細いもので外して、

キャップボルトを外します。

これでハンドルがトップブリッジから外れました。

そしてさっき緩めておいたスイッチボックスからハンドルを抜きます。

取外しはこれで完了。

比べると結構曲がっていますね。

早速新しいハンドルの組み付け。


さっきと逆の手順で進めるだけです。

ハンドルに傷を付けないようにスイッチボックスを入れて、

ハンドルをトップブリッジに固定。

この時点では仮止め。

最後に左右のハンドルの位置を合わせるので本締めは最後。

先ほど差込んだスイッチボックスの取付け用ボルトを締め込んでハンドルに固定。

そして、マスターシリンダーを組み付けますが、

ブレーキスイッチの端子の接続はマスターシリンダーをハンドルに組み付けてからだとやりにくいので、

先に端子の接続は行ってしまいます。

その上でマスターシリンダーをハンドルに組み付け。

そして左右のハンドルの角度が合う位置にして、キャップボルトを本締め。

2本のキャップボルトで固定するので基本的にハンドルの固定位置は決まっているのですが、


僅かに動くのでなるべく左右のバランスを取ります。細かい話ですが、、、

最後にキャップボルトにキャップを嵌めて完了。