cygnusX_puncture (1)

リヤタイヤがパンクしたシグナスXが入庫。

早速見てみると、

cygnusX_puncture (2)

タイヤ使いすぎです。

すり減り過ぎてバースト。

当然タイヤ交換です。

cygnusX_puncture (4)

新品タイヤに交換して修理完了。

cygnusX_puncture (5)

チューブレスタイヤの場合、普通に釘などが刺さってパンクしたら


刺さったものを抜かなければ通常はすぐにはタイヤはペチャンコになりません。

異変に気付いてすぐにパンク修理、あるいは一旦空気を入れて

しばらく走ることもできたりします。

ただ今回のようにすり減りすぎてパンクした場合は、

一気に空気は抜けてすぐに自走不能になります。

それでも無理に乗ってしまう人もいますが、そうすると場合によってはホイールまでダメにしてしまい

タイヤだけでなく、ホイールも交換しなければならなくなってしまう事があります。

何よりもタイヤから一気に空気が抜けてしまうと非常に危険です。

すり減ってきたら早めにタイヤ交換をして下さい。

変なところで急にパンクしてしまえば危険ですし、レッカー代が無駄にかかってしまったり、

仕事や学校に遅れてしまったりと悪いことばかりです。

 

こういったすり減り過ぎてパンク、というのはスクーターの方が多い気がします。

タイヤ自体が小さい上にボディーやフェンダー(泥除け)に隠れてタイヤが見えにくいせいもあると思います。

本来、運行前点検というものが義務付けられていて、それを行えば一目瞭然ですが、実際にしっかり行っている人は極少数だと思います。

たまにはちょっと下回りを覗いてタイヤを見てあげて下さい。