スクーターのホイール。

一見すると何ともないホイール・タイヤ・エアバルブ。

まぁ汚いですけど、、、

エアバルブをよくよく見てみると、

 

 

 

 

 

 

エアバルブの根本がひび割れています。

全周に渡ってキレイにひび割れているから、一見すると気付かなくて分かりずらい。

でも少し傾けてみると、

 

 

 

 

 

 

良く分かると思います。

けっこうガッツリひび割れています。

そして更に傾けていくと、

 

 

 

 

 

 

もうギリギリ状態。

そして、

 

 

 

 

 

 

あっさりと千切れます。

こうなると一気にエアが抜けてパンク状態に。

エアバルブが千切れたり、ひび割れが内部にまで達してそこからエアが漏れた場合、テープや接着剤でくっつけても通常耐えきれません。


タイヤ内のエアの圧力って意外と強いです。

エアバルブを交換するしかありません。

エアバルブはタイヤを外してホイールの外側(タイヤ側)から内側に向かって差込んで組み付けるので、

基本的にタイヤを外して作業します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それなので、タイヤ交換の時に一緒に交換するのがベスト。

タイヤ交換の時にエアバルブにひびが入っていたらエアバルブは迷わず交換するべきです。

それであればプラスになる工賃が微々たるもので済みます。

だけどエアバルブだけの交換となるとタイヤの脱着の工賃もかかってくるからそこそこの費用がかかってしまいます。

エアバルブが千切れてパンク状態になってしまったらエアバルブを交換しないとどうしようもないのでやむを得ないですが、、、

もし、自分のバイクのエアバルブにひびが入ってたら?

もちろんすぐに交換するのがベスト。

でも、ひびもそこまで深くないし、まだタイヤももう少し使いたいし、っていう場合、

とりあえずエアバルブにはなるべく触らないようにして下さい。

タイヤに空気を入れる場合もエアバルブに対して垂直にチャックを当てるようにして、エアバルブを少しでも傾けないようにして下さい。

そうやって注意することで次のタイヤ交換のときまで何とか耐えられるかも。

ただ、ひびが入っている以上危ないことには違いないので、なるべく早めの交換をおススメします。

言うまでもないとは思いますが、常日頃からエアバルブは傾けたり、変な力を加えない方が長持ちします。